2013年12月8日日曜日

レコーディングダイエット

先日出張の際に購入した本

岡田さんの本は,とても理論的に書かれているので
読んでいてすーっと入ってきますね.

この本にかかれている方法を一言でいうと
体重,食べたものを記録する事で,ダイエットが成功しやすくなる.

医学論文を書く際も,大切なことは
主観でものを考えずに,まずは記録をしっかりと行うこと
です.

そして,記録を取りつづけるだけで,体重が落ちていく仕組みがつくれてしまう.
というのが,このダイエット方法の一番のメリットでしょうね.

体重が落ちていく過程で,岡田さんの食に対する考え方がかわっていくのが
読んでいてとてもおもしろかったです.

さらに,ちょっと脱線しますが
太った人の周りには必ず太った人がいる.
と書かれていました.

これは,他にもあてはまることで
自分の友だちの平均年収が自分の年収

つまり
身の回りの人の考え方や行動パターンというのは,
「無意識のうちに」自分の行動に影響を与えるということでしょう.

これを,逆に利用するなら
・定期的に自分のモチベーションを高められる人と会う
たとえば,自分が本当に尊敬できる人たちと,
1年に1回,研究会を行ってみるとか.

・有名な病院に手術の見学にいってみる
毎日行われている手術というのは,外科医にとって,仕事の集大成です.
その現場をみることで,感じること,学べることは無数にあります.

・海外の学会に参加してみる
国内の学会と違い,若いうちから海外の学会にきている人というのは,
モチベーションが高いことが多いです.
選ばれた人が来ているから,そこでの出会いは刺激的です.
海外の学会でであった事がきっかけで,その後10年以上,友達になることもしばしば.