2009年9月19日土曜日

パソコンのブライドタッチについて

パソコンを大学の3年生の時に購入したので、
もう10年以上使用していることになります。

パソコンを買って、周りの人にいろいろ使い方を
聞いているときに、同級生の高橋さんに、
「文字の入力は、ブラインドタッチ」でした方がいいよ。
とすすめられました。

当時、パソコンの知識がまったくなかったので、
さっそくブラインドタッチで入力するようになりました。

ブラインドタッチというのは、パソコンのキーを
毎回決まった指で押さえることで、キーボードを
見なくても、入力ができるようになるテクニックです。

最近は、カルテも電子化されており、パソコンを
使えない人はあまりみなくなりましたが、
入力をブラインドタッチでしている人は意外に
少ないです。

これは、習慣の問題で、ブラインドタッチを使用しなくても
入力はできるのですが、 速さと正確性が
ぜんぜん違ってきます。

英語の入力も、ブラインドタッチだとずいぶん早く入力
できるので、ぜひチャレンジしてみてください。