2013年6月6日木曜日

ユタ大学 最終プレゼンテーション

今日は,朝6:30にホテルロビーに集合.
JOAメンバーのプレゼンテーションが朝7時からありました.
なんと,今回の発表のためのパンフレットまで作ってくださいました.

発表は,12分,質疑応答が8分でした.
オープニングスピーチは,今回のフェローの中で,
一番経験が豊富な秋末先生から.
お手本のような素晴らしいスピーチでした.


10名くらいのドクターの前で話すのかと思っていたら,めちゃくちゃたくさんのドクターが参加しているではないですか?!


私自身は,得意のナビゲーション手術に関する発表を行いました.
ところが,座長のRandall先生からの質問は,
「アメリカでは,医療費が年々増加しており,それが社会問題になっている.日本もおそらく同じ道を歩むでしょう.これから,ナビゲーションを含めた高額な治療に対するベネフィットと,デメリット(コスト)について,どのように考えていったら良いでしょうか?」
との質問...

これ,日本語でも答えるのが難しいですよね.
頭の中が真っ白になってしまいました(笑)

日本にいると手術にかかる費用対効果について,あまり意識せず,
患者さんに対して,一番良い治療法を選択できます.
でも,そういった良い時代が,今後も続くのかどうか?
誰にも分かりませんね.

高額な機器を使う事で,それだけ結果が向上するのか?
については,考えないと行けないなあと痛感しました.

約2時間のプレゼンテーションが終了して,ただいまホテルでくつろいでいます(朝10時).
この後,11:30にホテルを出発.
ランチをみんなで食べたら,次の訪問先であるPortlandに移動です.