2013年6月14日金曜日

海外で英語のプレゼンをする.

すでに,アメリカで何回か英語のプレゼンを行いました.
今回は,12分程度の英語プレゼンを,合計3つ用意しました.
さすがに,全部丸暗記とはいかないので,
Macの発表者ツールを多用しました.
発表者ツールというのは,非常に便利な機能で,
スライドに投影されている画像とは,別の画像を,手元のPCに表示できる機能です.
次に投影されるスライドもわかりますし,
パワーポイントのノート
にあたる部分が,自分のPCに表示できます.
つまり,スライドの原稿をノートに記載しておけば,
それを発表の時に見る事が可能になります.

でも,時々,MACが使えない病院もあります.
そこで,役立ちそうなのが
iPadに読み原稿を入れておく.
という方法.

プレゼンの際は,会場が暗くなりますから,
紙にプリントした文字はとても読みにくいです.

でも,iPadなら,暗くても十分読めますね.
今回,iPadは持参しなかったのですが,
今後,海外でプレゼンする機会があれば,
もしもの時のために,iPadを持参しておこうと思いました.