2009年10月23日金曜日

英語学習のおすすめ本

以前何回か紹介させてもらった本ですが,おすすめの本があります.


神田昌典著
お金と英語の非常識な関係(上下巻)



この本には,英語を実際の仕事に役立てるための方法がいろいろ書いてあります.
中でも,
1)日常英会話を捨てて,専門領域の英語に集中する.
(日常英会話より専門領域の英会話の方が,習得が速い)
2)英語をペラペラで話すことを捨てる
3)単語の量を増やす努力を捨てる

など,いろいろなアドバイスが書いてあります.
英会話を習得しようとすると,普通は,「映画を字幕なしでみれるようになりたい」
といった目標を立てやすいです.
でも,忙しいビジネスマンは,英語以外にもすることがたくさんあり,
限られた時間を有効に英語習得にかけようと思ったら,
いろいろ捨てないといけないことがあると,書いています.

まさに,「not to do」について,詳しく書いてあります.
「できたらいいな」ということは限りなくありますが,その中でも
専門領域の英会話に集中することが重要と書いてある点は,
すごく賛成です.

実際に,「英語の論文を書きたい」とか,「海外の学会で発表したい」
といった具体的な目標があるなら,やはり専門領域の英会話から
学習していくのが,良いと思います.

また,専門領域の英会話については,すでに知っている単語も
結構あるし,少し勉強すると,すぐに役に立つといったメリットもあります.

日本ブログ村のランキングに参加してます.
最近、「ブログ読んだよ!」と声をかけられることが多くなりました(笑).
お手数ですが,下記ボタンクリックしていただけたらありがたいです.

にほんブログ村 英語ブログへ

実は本のランキングにも参加中デス。クリックしていただけたらありがたいっす。

にほんブログ村 本ブログへ