2009年10月18日日曜日

徳島大学 西良先生の講義を聞いて感動

10/16の岡山大学脊椎カンファレンスで,徳島大学整形外科の
西良先生から「腰椎分離症,分離すべり症」に関するご講演を
していただきました.
西良先生の腰椎分離症HP

内容は,西良先生ご自身の留学経験や,過去10年以上にわたる
腰椎分離症の知見に関する内容でした.

本当に目からうろこの内容で,すばらしかったです.
特に,分離症のメカニズムが,「加齢に伴う椎間板変性」
だけではなく,「思春期の骨端線におけるすべり(地すべり理論)」
であるという内容にはインパクトがありました.

また,実際に,それを証明するために,海外に留学された
時の話が,すごかったです.

西良先生は,脊椎すべりの地すべり理論の証明のために,
最初子牛の腰椎をつかって,研究されたそうです.
そこで,子牛の骨端核が非常に分厚く,レントゲンで
判別できたことが,研究の決め手になったそうです.
(人間の腰椎骨端核は,小さすぎてレントゲンには
写りにくいのです.)

西良先生の講演中何度も,「運がいいことに」と
おっしゃられていました.

これは,まさに,偶然(ある意味必然?)新しいことを
発見する際に起こる現象ですね.
それを,セレンディピティとも表現するようです.

セレンディピティについては,茂木健一郎先生の
クオリア日記にも分かりやすく解説されています!

日本ブログ村のランキングに参加してます.
おかげさまで,順調に順位があがってきました.
お手数ですが,下記ボタンクリックしていただけたらありがたいです.

にほんブログ村 英語ブログへ

本のランキングもついでにクリックしてもらえたらラッキー!!

にほんブログ村 本ブログへ