2010年1月3日日曜日

「FREE 無料からお金をうみ出す新戦略」を読んだ感想など

今日は,車のエンジンオイルの交換を10000km以上
していないことに気づき,ENEOSに行きました.
サービスも良く,オイルもきれいになって,すっきりです.

正月から読んでた,
「FREE 無料からお金をうみ出す新戦略」
の感想を少々.

最近無料で使用できるサービスが増加
gmailやyahoo mail, hotmailなど
新聞もインターネットで読める
Youtubeでは,音楽や動画,映画もみれる(一部は違法)
広告をインターネットに掲載する企業も増加

その反面
新聞がうれない
テレビの広告が人気でない
CDショップの売り上げが低下

などの現象が生じています.
もしかしたら,新聞,CDショップなどは,10年後にはなくなっているかも.

そして,僕が興味をもった点は,
新聞やCDショップの売り上げは消えてしまったのか?
ということです.

この点に対する回答として,著者は
売り上げは消えた訳ではなく,別の形で再配分された

ということみたいです.
つまり,新聞がインターネットで無料でみれるようになることで,
新聞の読者には,お金が還元されたことになります.
また,CDの売り上げ枚数は減るかもしれないが,
ミュージシャンは,たくさんの人が音楽を気軽に聞き,
コンサートに来る人が増加する.といった恩恵を受けること
が考えられます.

つまり,FREEのサービスの裏では,利益の再配分と
いった現象がセットになってるようです.

本の中には,もっともっと面白いことが
書かれているのですが,僕の表現力ではこれが限界でした.
時間があれば,ぜひ読んでみてください.