2011年2月12日土曜日

BookOceanから段ボール箱が届きました。

さてさて、先日ご紹介した
BookOcean
という書籍管理サービスの続報です。



自宅からBookOceanに本を届けるための段ボール箱が
届きました。

さっそく、本棚の本を段ボール箱につめてみました。






感想
1)ダンボール箱は、ガムテープなど不要な、組み立て式でGood
2)ゆうパックで送ることになりますが、インターネットで、
集荷申し込みすれば、取りに来てくれるので便利。

段ボール箱の大きさは、写真のとおり。
医学書は大きい本が多いので、一般的な本棚1列分が
収納できる大きさ。

スターターキットには、段ボール箱が3つです。
なので、写真の本棚1つ分を空にするくらいの
容量はあります。

詰め込みながら考えたこととして。
1)どの本を預けて、どの本を家に残すか?

これについては、まだ自分の中で回答が無いので、
とりあえず、全部つめてみました。
これは家に置いておこうかなあという本や、
むしろこの際捨てちゃおうかなあという本も
関係なく全て詰め込んじゃいました。

この本たちの運命は、今後またレビューしてみたいと思います!