2010年10月26日火曜日

ミラノ留学:日曜日はセリエA観戦

中西先生と過ごすミラノも,最終日.
日本語が話せるのも,最終日(悲).
日中は,ブレラ美術館,レオナルドダビンチ博物館に行きました.
そして,PM8:45キックオフのインテル(ホーム)対サンプドリア戦をサン・シーロスタジアムで観戦しました.
試合は,終始インテル優勢でしたが,先取点はアウェイのサンプドリア(後半)!
それまでも,かなり熱気の入ったサポーターの応援でしたが,先制されたとたん,ボリューム3倍くらいにアップ.
そして,インテルもスイッチが完全に切り替わり,絶対点とったる!というスタンスに.
そして,ついにエトーが気迫のゴールで,同点に!!
この,プレッシャーの中で点を決めれるのが,やっぱフォワードの魅力ですね〜.



得点のアナウンスも大盛り上がり.
エトーの名前をこれでもか,これでもかとコールして,観客を盛り上げていました.
試合は,その後もインテル優勢でしたが,1−1の同点で終わりました.

翌日の新聞に,その日の選手の動きに関して評価がでます.
エトーは,もちろん7点
スナイデルは,非常にうまいなあと思って感心してみてたのですが,今回の試合に関しては5.5点と少し低めでした.

中西先生とは,この数日の間に本当にいろいろな話をしました.
話の内容は,ここでは,書ききれませんが,自分ももっと頑張らないといけないなあと痛感しました.
特に国際学会。。。頑張らないと。

日本語を話せなかったストレスからも少しの間ですが,解放されたので,また頑張っていきたいと思いますよ!