2010年10月9日土曜日

ミラノ留学:ミラノのオペ室看護師さん

ボンジョールノ!

宿泊先のインターネットが時々つながらないので,不定期の更新になってます.
さて,今日はミラノのオペ室看護師さんの話題など.

ミラノに限りませんが,海外のオペ室に入るときは,器械出しの看護師さんに嫌われないようにしたいですね.
ドイツの時もそうでしたが,手術器具を置いてあるエリアは完全に看護師さんが管理しています.
なので,間違っても,勝手に手術器具を取ったり,戻したりしてはいけません.

勝手に手術台の器具をとると,教授でも怒られます.
僕のようなあやしいアジア人がそんな事したら,きっと恐ろしい事態になるでしょう.

しかし,例外があって,ミラノのDr.は,わざと怒られるような行動をとって,看護師さんを怒らせておいて,
その後に甘えて,「もう,しょうがないわねえ.」と言わせる高等テクニックを使っていますが.

それと,今日もLamartina先生不在のため,別の先生の手術を見学しました.
その先生はおそらく50歳くらいです.
印象的だったのが,「ここでは,ボスがリタイアしないと,執刀医になれないから,50歳くらいにならないとオペができないんだよ」と言われていたことです.

つまり,術者のポジションを得ようと思ったら,非常に厳しい競争に勝ち残り,かつ,ボスがリタイアする時期にならないと難しいんですね.


続きは専門的な話になります.
昨日は,eXtreme Lateral Interbody Fusion(XLIF)を初めて見学できました.
側臥位で,約4cm程の皮切から,Th12肋骨先端を経由して後腹膜腔にアプローチします.
専用のレトラクター,光源があり,小さな視野ですが椎間板の掻爬,ケージ挿入が可能です.
extreme lateralといいますが,基本的にはmini ALIFのテクニックに近いと思いました.
ただ,完全に側方から進入するので,そう呼ぶのでしょう.
非常に小さい視野から進入するので,合併症で注意するのは,腰神経損傷です.
そのため,両下肢から筋電図をとれるようにしておき,術中は,進入経路を電気刺激で神経が無い事を確認していました.

左右どちらからも進入可能です.
変性側弯で2椎間固定をするなら,凹側から進入すると,同一視野からアプローチしやすいそうです.
でも,ケージを挿入する椎間が狭いので入れにくいそうです.
また,この手技は,L4/5より遠位は難しいと説明してくれました.

XLIFの応用として,たとえば,L2/3,L3/4,L4/5の椎体間固定が必要としたら,まず,XLIFでL2/3,L3/4にケージを挿入しておき,腹臥位になって,L2からL5までPS固定.L4/5は除圧も含めてTLIF(PLIF)を行うなど.

また,ケージ挿入だけでは固定性が弱いので,腹臥位にして,経皮的にPSを挿入して固定していました.
今回の手術は,L2/3レベルのXLIF+経皮的PS挿入でしたが,体位変換を考えると,後方からTLIFした方が速いかなと思いました.
でも,XLIFのテクニック自体は,非常に勉強になりました.

最後の写真は,Duomoで撮影した写真です!