2010年10月11日月曜日

ミラノ留学:キャリアについて考えてみる

今日は,ちょっとまじめな話題になります.
整形外科に関して,今後のキャリアについて考えてみたいと思います.
1)開業するか勤務医を続けるか?
これについては,開業するなら若いうちが良いと思っています.
今のところ,開業する考えはないので,勤務医を続ける道を選んでいます.

2)勤務医ならどこで働くか?
多くは市中病院で働く事になります(公的病院かprivate clinicかの選択がありますが).
大学病院のスタッフとして働くというのは,むしろ特殊な選択になると思われます.
私は,大学病院の助教なので,ちょっと特殊な道に進んでいると思われます.
それを望んでいるので,順調なキャリアと言えます.

3)大学病院で働き続けるなら,教授になるか?
基本的に,大学病院で退職できるのは,教授だけです.
なので,教授になるか?そうでないかは,大きな選択になりますね.
教授にならないのであれば,いつかは,市中病院に勤務する事になります.

教授になるかどうかは,さておき,大学病院でのキャリアについて考えてみたいと思います.
日本にいると実感がありませんが,もし,アメリカのドクターに,
「自分は,大学病院で脊椎の手術をしており,PhD(医学博士)です」と自己紹介したら,
「Oh, Great!」となります.
先日のブログにも書きましたが,海外では,特定のポジションを得るためには,すさまじい競争がありますし,運も必要です.

では,大学病院で仕事をする事は,みんなに勧められるか?と言われると,言葉につまります.
といいますのも,大学病院は,「臨床,研究,教育」という3つの仕事があるので,手術だけしていたら良いとは言えません.
臨床の中には,当然,外来,病棟,手術が含まれます.
多くの大学病院スタッフは,この中である一定の業績を求められるので,非常にストレスフルな生活をしています.

1)臨床なら,手術を年間どれくらいしているか?とか.他にも合併症がおこるとその対応に追われるなど.また,大学病院を受診する患者さんは,合併症が多い患者さんも多く,外来は遅くまでかかります.
2)研究については,科学研究費をいくつ取得したか?論文をどれだけ書いたかなど.
これらも,ある一定の業績を出しておかないと,チクチクとプレッシャーを感じます.
3)教育については,学生,研修医などの指導も行います.大学病院というのは,教育に関しては,非常に重要な機関と言えますから,ここも手を抜く訳にはいきません.

個人的には,以前つとめていた神戸赤十字病院にいた時の方が,論文をたくさん書いてたなあ.神戸赤十字病院では,2次救急はもちろん,併設の兵庫県災害医療センターに搬送される3次救急の手術も行っていましたので,目が回る程忙しかったです.
つまり,大学病院は,それ以上に忙しいと言えるかもしれません(個人的な意見ですが).

それについて,良いとか悪いとか議論しても,あんまり意味が無いなあと,最近は思います.
以前,海外のドクターと,「日本の医師は給料が低い」などの話になった時に,海外のドクターが「それがいやなら,海外で働いたらいいじゃないか!」と言われたのが印象に残っています.
つまり,海外で職場を見つけるというのも含めて,無限にある選択肢の中から,今のキャリアを選んでいる訳ですから,日本の良いところも悪いところも含めて,今を受け入れるしかないなあと.

では,なぜ大学病院で働くというキャリアを目指すのか?といいますと.
1)難しい手術にチャレンジできる環境がある
2)今回のように留学するチャンスがある
3)海外の学会に参加する機会が多い
などがあげられます.
特に,留学となると,大学病院に勤務している方が,チャンスは多いと思われます.

留学については,好き嫌いがあるとは思いますが,日本とは全く異なる環境に身を置く事で,普段の仕事を見つめ直す良い機会になると思います.
留学するためには,「自分はこれだけの結果を残した」とアピールできるものが必要になります.
実感としては,専門医取得の数や手術件数といったものより,やはり論文の数が一番重要だと思います.
といいますのも,そもそも,一般的なCV(履歴書)には,論文の欄は,どんとありますが,手術件数などについてはあまり,書く欄がありません(笑).

まあ,みんな苦労して働いていて,今を大切にしながら働くのみ.ということでしょうか?
ちょっとまじめな話になっちゃいましたが,何かの参考になれば幸いです.