2010年10月26日火曜日

ミラノ留学:Lamartina先生の自宅でパーティー

ついに,Lamartina先生のマンションに行ってきましたよ(with中西先生)!
今日のブログは,自慢話です(笑).

Lamartina先生の息子(ガブリエル)さん,ご夫婦が病院まで迎えに来てくれました.
奥さんはコスタリカ人だそうです.
なんとガブリエル,奥さんともに,イタリア語,スペイン語,英語をあやつる実力者.
車の中で,ふと我々の年齢を聞かれたので,お答えしたら,本気でびっくりされてました.
アジア人は,顔つき?身長?のせいで,かなり若く見られる様です.

マンションはミラノ郊外にあり,9階建ての,最上階でした.
Lamartina先生のご家族が,全員そろって,ウェルカムパーティーを開いてくれました.

夜の9時開始ですから,我々の感覚からすると,遅めのスタートでした.

まずは,シャンパンで乾杯!
その時いただいたチーズは,30ヵ月熟成させたもので,すごく,濃厚な味でした.

Lamartina先生は,我々が,イタリア語を話せないので,ご家族に向けて,
「今日は,全員英語で話をしよう!」とおっしゃられました.
みなさん,英語が上手でしたので,非常に楽しいパーティーとなりました.

Primoと呼ばれる,最初の食事は,奥さんお手製のパスタでした.
中西先生が,おかわり!
私は,この後の食事が食べきれないかなと思い,セーブ.

メインディッシュは,ベランダに用意された,バーベキューで焼いたミラノビーフ!!


めちゃめちゃでかい.これは。。。
食べきれないかも(驚).
ミラノは,肉がおいしい街として有名なのです.
もちろんこんなにすごい肉は,イタリアで初めて食べました.
黙々と食べたけど,やっぱり全部は食べきれませんでした.

食事の間に,白ワイン1本,赤ワイン2本,デザートワイン1本をいただきました.
Lamartina先生自ら,それぞれのワインの由来などを説明していただきました.
イタリアの北部から,南部まで,いろんな地域のワインです.
ワインが出されると,すぐにテイスティングして,飲んでしまいますよね.
でも,その前に,銘柄や由来などに少し注意を払った方がいいなと勉強になりました.

そして,コーヒーが終わった時点で,家の中を案内していただきました.
2階のベランダでは,夏はプールになるそうです(笑).
圧巻だったのが,Lamartina先生の書斎.

King of 書斎!
酔いにまかせて,写真までとらせていただきました(もちろんご本人の許可あり).

最後に,ご家族といっしょに写真をとり,お開きとなりました.


私自身,人生の中で,ご自宅のパーティーにお招きされたことが,初めての体験でした.
でも,本当に,日本からきたFellowを歓迎する,という気持ちが強く伝わってきました.

オペ中は恐い,Lamartina先生ですが,ご自宅では,私や中西先生が話す時には,じっと話を聞いてくださり,本当に有意義な一日になりました.

最後に,英語ペラペラ道場なので,英語の話題.
Lamartina先生は,
「皆がNativeのように英語を話す必要はない.自分の実力に応じて自信を持って話しなさい」
というメッセージを強調されてましたよ.
英語を上手に話す事が,目的ではなく,海外の人達と,医学や日常の事に関して,意見を交わすことが目的です.
今後も,自分の実力はあまり気にせず,自信をもって話をしようと思いました.